2019年 9月 21日 (土)

カンボジア「回転しゃぶしゃぶ」に学ぶ 「日本の常識」にとらわれない発想法

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   プノンペンに昨(2014)年6月にできたイオンモール。

   このイオンモール1階のフードコートで、日本人だけが一瞬、目を奪われる看板がこの「当店のたこ焼きはイカを使用しています」(写真1)

タコ焼き?イカ焼き?

3か国語ではっきりと・・・
3か国語ではっきりと・・・

   この4個で1ドルの「たこ焼き」、ネタとして大変面白いのですが、なぜわざわざイカ?という疑問も沸いてきます。

   どうやらカンボジアではあまりタコを食べる習慣がないようです。

   サムライカレーの現地スタッフに「オクトパスを食べたことある?」と聞いてみたところ、大変イヤそうな顔をしていました(それはまるで、我々が「タガメを食べたことある?」と聞かれたときのように)。

   「なんで?」と聞いてみると「なんか気持ち悪い」との回答。しかし、イカを食べる習慣は普通にあるんです。

   コンビニには普通にスルメとかが売っていますし、路上の屋台ではイカの干物をその場であぶったものを売ってくれます。

   イオンモール1階のフードコートでは、おそらく低価格で「たこ焼き」を出すために市場に普通に流通しているイカを使って「たこ焼き」を作っているんでしょう。

   一方、同じイオンモールの3階にある、日本でもおなじみ「銀だこ」のたこ焼きはしっかりと大粒の「タコ」が入っています。お値段4つで2.5ドルです。

   ところで、このイオンモールを何度も見た私の主観的な感覚では、総合的な客数で1番入っている飲食店は、回転しゃぶしゃぶ屋です。

   この回転しゃぶしゃぶ屋、回転寿司の要領で肉や野菜がベルトコンベアを流れてきて、手元の鍋でしゃぶしゃぶして食べます。おまけに寿司も食べ放題。これが夕食時など行列ができるくらいの盛況っぷり。

   お値段、9.8ドルで食べ放題と、カンボジア的にはちょっと高めの設定なのですが、地元カンボジアの人たちがわんさか訪れます。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中