2019年 10月 16日 (水)

カンボジア「回転しゃぶしゃぶ」に学ぶ 「日本の常識」にとらわれない発想法

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

前提条件をひっくり返してみる

回転しゃぶしゃぶの店内。寿司もあります
回転しゃぶしゃぶの店内。寿司もあります

   多くの日本人がここを見ると興味をもち、食べたいというので、私は「絶対後悔するよ」という言葉と共に、彼らを送り出します。そして、彼らは30分後に後悔して帰ってきます。

   ここの肉は硬く、しゃぶしゃぶ感がぜんぜんありません(アゴの運動にはなります)。

   寿司を食べてみると、酢飯ではなく普通のご飯の上にネタが乗っています(それはおにぎりではないのか?)。

   ちなみに、同じフロアに、きちんとした酢飯を使った、日本人経営の回転寿司屋もあります。それでも、1番客が入っているのがこの回転しゃぶしゃぶ屋なのです。

   あらゆる客商売で言えることですが、大切なことはお客様に喜ばれることをすることです。そして、自分たちがいいと思っていること=お客様がいいと思うとは限らないのです。

   たこ焼きだからタコを使うべきなのか?お客様に安く提供するためにイカで代用すべきなのか?

   しゃぶしゃぶなのだから薄くて柔らかい食感にすべきなのか?お客さんがいつも食べているような硬い肉にすべきなのか?

   寿司はおにぎりじゃねえんだ!と言って酢飯にすべきなのか?酢飯になじみがないお客様のためにおにぎりにすべきなのか?

   これらの問に、模範解答はありません。

   ただ、必ずしも常識にとらわれることはなく、日本では常識となっている前提条件をひっくり返してみるというのは、外国人を相手にビジネスをするのに非常に大切なことです。

   もっと言うと、それは実は日本人相手に商売をするときにも大切なことであり、商売が行き詰まったときに「たこ焼きの中はイカではいけないのか?」と改めて考え直せるような癖を付けておくのは大切だと思うわけです。


   こんなカンボジアの風景の写真を集めたインスタグラムはじめました。

   「森山たつを」 や「 サムライカレー」で検索してみてください。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中