最低賃金、平均18円上げ 「過去」最大幅

印刷

   非正規雇用を含む労働者の賃金引き上げにつながる2015年度の最低賃金(時給)の改定について、厚生労働相の諮問機関である「中央最低賃金審議会」の小委員会は2015年7月29日、全国平均の時給で18円引き上げて798円とする目安をまとめた。目安どおりに引き上げられれば、14年度の16円増を2円上回り、日額から時給に変更した2002年度以降最大の上げ幅となる。2ケタの引き上げは4年連続。

   景気の回復傾向に加えて、安倍政権が大幅な引き上げに意欲的なことが影響した。

   最低賃金は都道府県ごとに決められ、小委員会が示した各地の上げ幅の目安は16~19円。A~Dの4ランクに分類されており、Aは東京都などで19円、Bは静岡県などの18円、岡山県などのCと青森県などのDはともに16円となった。

   目安が反映された場合、最も高いのは東京都の907円。最も低い鳥取県や沖縄県など7県は693円になる。格差は14年度の211円から214円に広がる。

4年連続で2ケタのアップ
4年連続で2ケタのアップ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中