2020年 11月 25日 (水)

カンボジアでもモテモテ あのキャラクターが大活躍

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プノンペンのイオンモールを歩いていると、見慣れたキャラクターがいたので行ってみることにしました。

   そのキャラクターはLINEのブラウンとコニーです。

   このLINE Friendsのキャラクター、タイでは何年も前から人気があり、バンコクで「銀行のカードを作ったらブラウングッズプレゼント!」などということをしていたのですが、ついにブームはカンボジアにまでやってきたのかもしれません。

「LINEって電話もできるんだー。知らなかったー」

そして、もう1回
そして、もう1回

   イオンモールのど真ん中のブースに行ってみると、外壁には巨大な液晶ディスプレイにスマホのLINEゲームが映し出されています。

   そして、その囲いの中に行ってみると、ブラウンとコニーが!(中に人なんか入っていない!)

   この2人は、渋谷にあるLINE本社においてあったブラウンとコニーと同じ大きさで、かなり本格的。飛行機に乗ってプノンペンまでやってきたのでしょうか?

   彼らが来ると、周りには人が一気に集まり、カンボジア人の若い子たちが一緒にスマホで写真を撮っています。

   ちなみに、そのすぐ横で、変な星みたいな着ぐるみが躍っていたのですが、誰ひとり近よりもしてなかったので、やはり2人の人気はホンモノです。

   そして、会場でダウンロード出来る無料のスタンプを3人以上の友達に送るとLINEステッカーがもらえます。

   さらに、係員の前でLINE無料通話で友達に電話をかけるとラッキードローが引けて、LINEグッズをもらえます。

   最近のゲームを始めてすぐにあるチュートリアルのように、ひとつひとつ機能を使ってもらい、使い方を理解するとご褒美がもらえるようになっている。リアルな場でもLINEゲームのノウハウが活かされているのが非常に面白い。そして、目の前にいたカンボジア人の女の子は「LINEって電話もできるんだー。知らなかったー」と素直に驚いていました。これだけでも、イベントの効果があるってもんです。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中