「数字で説明」にビビらない 「絶対必要」な考えの組み立て方

印刷

   『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術』(柏木吉基、SB Creative)。2015年7月、発売。著者は、データ&ストーリー代表。日立製作所や日産自動車を経て独立。「カルロス・ゴーンをはじめとする日産の経営幹部もうなづく提案をした実績あり」。出版社サイトによると、

「初めて『数字』と『ロジカルシンキング』を組み合わせ、データ分析をする前に絶対必要となる考えの組み立て方を中心に紹介する本です。課題定義から解決策まで、主人公の洋平と一緒に、一連の流れを追いながら、ゆっくり解説していきますので、分析手法だけにとどまらない『考え方』を知ることができます」

   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術』
『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中