2020年 11月 30日 (月)

火山灰とスーツとシャツの関係 「桜島」鹿児島の会社員に学ぶ

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   2015年 8月22日に避難勧告が解除されたとはいえ、いまだ噴火警戒レベル4が続いている鹿児島市桜島。

   さぞかし地元は厳重に警戒中だろうと思いきや、ツイッターなどネットで地元の人の声を拾ってみると、「桜島、それでもうちら鹿児島県民は噴火慣れしとるから平常運転だったり」といった、通常通りに生活しているとの声が目立つ。

車がデロンデロンに

鹿児島市のHP。降灰情報を伝えるコーナーもある
鹿児島市のHP。降灰情報を伝えるコーナーもある

   さすがに活火山の近くで生活する都市は落ち着きが違う・・・と思いながら見ていると、噴火そのものより、「桜島噴火とかお願いだからやめてくれ 灰で車汚れると本気で大変なんだよ(T_T)」といった「噴火より降灰が困る」といった内容の呟きが実に多い。

   まず、鹿児島市における灰の迷惑で一番多いのは、車が汚れるというもの。

「朝は濡れててそれほどでもなかったけど、仕事帰りに車を見たら凄い汚かった・・・。最近、桜島の灰が連日飛来してる気がする(´・ω・`)」

   風向きはともかく、降灰自体は予測不能なもの。洗車してもまた降ってイタチごっこという声多数。しかし「桜島の灰雨が自分の町に降って、車がデロンデロンになるのはイヤだけど、周りの車がみんなデロンデロンのまま走ってるので、堂々とデロンデロンのまま走ることができる」という既に達観した声も。

   そして車と同様に多い嘆きが衣服の汚れ。「日中外勤した時は、大きめの雨傘を差していても、わずか数分で白いシャツが斑模様に・・・灰は降るのみならず、舞うのだ。顔にも着くし、鼻にも服の中にも容赦なく入り込む」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中