2018年 6月 19日 (火)

「1日10時間労働で週休3日」、うらやましい?

印刷

   カジュアル衣料品店「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングは、今(2015)年10月にも「週休3日制度」を導入する。新制度では、「週に4日働いて3日休む」代わりに、1日の勤務時間が「10時間」に増える。対象は、国内の全従業員の5分の1にあたる、約1万人の地域正社員。柔軟な働き方を推進し、人材確保につなげる狙いもあるようだ。

   この「週休3日制度」、ネットでは「うらやましい」「うちでも導入してほしい」との声が挙がる一方、「1日に10時間も働くのか・・・」など、様々な意見が飛び交っている。

「週休3日だと、通勤時間も減る」

お休み、今週3日目です
お休み、今週3日目です

   ユニクロの「週休3日」制度では、従業員は、店が忙しい土日の出勤を求められる。その代わり、平日に休んでもらうことになる。繁忙時の人手不足を解消する意図もあるようだが、忙しい週末に働く分、平日の休みは増えるわけだ。

   制度について、ツイッターでは、「週休3日だと、人間の行動に無駄が減るよな。1週間の通勤時間は減るわけだし」とか、「俺、昔からこれいいと思ってる。週40時間勤務は変わんないのだし」、はたまた「週休3日いいな。出勤日は1日中仕事でもかまわないから」など、「歓迎派」のつぶやきが見られた。「集中して働ける上、給料が変わらないなら歓迎」ということだろう。「週休3日とか、わしの理想の働き方やんけ」、「うちの会社もやってくれ」という人もいる。「ユニクロに転職しようかな・・・」なんてつぶやきもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中