「女性の多い職場に行きたい」男性 モテモテに?実は地獄?

印刷

   社内恋愛に興じている人もいれば、勤務先では恋愛どころか、その対象になりそうな異性すらいない・・・という人もいるようだ。男子校育ちで、今の職場も、男性ばかりといった環境は「特殊」なのか?

   質問サイト、OKWaveには、「男子校育ち、男子だけの勤務先」という投稿があった(2015年8月19日)。投稿者の年齢は分からないが、男子校出身で、勤務先にも男性しかいないようだ。「私はいまだかつて、こういった環境しか所属した事がありません。(こういう方は)他にもいらっしゃいますか?」と、呼びかける質問者は、女性が多い職場への『あこがれ』も抱いているらしい。「一度でも女性の多い勤務先に所属したいのですが、いい方法ありますか?」とも、尋ねている。

「どんなヤツでも彼女ができました」

よろしくね
よろしくね

   質問には、体験談も含めた、具体的なアドバイスが寄せられた。

   「高校までは共学だった」という人は、高卒後、「1つ目の専門学校は全校で100人中、男は10人未満。(略)どんなヤツでも彼女ができました」という。男子だけの環境より、女子が多数派の環境のほうが、恋愛には有利なようだ。そんな回答者は、「とりあえず(女性が多い職場は)医療系かなー。病院や各種施設とか。でも、専門知識が必要だけどね」

と、アドバイスした。

   「男子校から福祉系の大学に進学し、周りが女性ばっかりになりました」という人もいる。現在は「介護職」という、その回答者いわく、「女性ばっかりですよ。職場によっては、男2~3割、女7~8割でしょうか。 就職してさらに周りが女性ばっかりになりました」。他にも、「医療系とか、保育系とかは、女性が多いのではないでしょうか。力仕事が重宝されそうですが」と、ケアワークをお勧めする人が目立つ。専門知識が必要とはいえ、「一度でも女性の多い勤務先に所属したい」人にとっては、参考になるかもしれない。

毎日が針のむしろ?

   一方、女性の多い職場では『注意』も必要! との見方もある。「女性の多い会社に勤めている」という人からは、「一度でも接し方を間違えると、居場所がなくなる覚悟はしてから転職しましょうね」との助言が。「男女の付き合いではなく、女性の集団の関係性の中に、異分子が放り込まれる形になるので、好意に囲まれても、敵意に囲まれても、慣れるまでは綱渡りになりますよ」。女性集団に、男子がポツン、という状況は、「一度でも接し方を間違えると、居場所がなくなる」。それなりのコミュニケーション力も必要かもしれない。

   女性が多い職場で働いていたらしい男性からは、「私もあるグループに属していましたが、そこだけは『男』を捨てて(?)中性的な立場で振る舞っていました」との回答も。「女性特有の噂好きや、その広まりの速さ、集団でしか行動しない不可解さなどは、ある意味独特ですから」と、かなり気を使っていたようだ。その男性は、「女性の集団に男がいると、ホンの少しだけギスギスさが取れるからいいんですけどね」とも付け加えたが、「いい気になって二股なんてしようものなら、毎日が針のむしろですが(爆)」と、念を押すのも忘れなかった。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中