できれば働きたくない若者が「3割」 これって・・・「少なすぎる」との指摘

印刷

   皆さんの仕事に対するモチベーションはどんなものだろうか。「仕事が大好き、働きたくて働いている」という人もいれば、「働かなくては生活できないから・・・」という人も多いだろう。

   そんな「仕事へのモチベーション」について、「できれば働きたくない」と回答した若者が約3割という調査結果が明らかになり、この数値をめぐって「3割しかいないの!?」「働きたい若者が7割も!?」と驚きの声が噴出している。

「生きがいを得るため働いている」は約1割

3割?もっといるんじゃ・・・
3割?もっといるんじゃ・・・

   電通総研と電通若者研究部は、「若者」の就労観に着目した「若者×働く」調査を実施。結果を2015年8月13日、発表した。

   週3日以上働いている18~29歳の男女3000人に「働くことへの考え方」についてたずねた(複数回答)ところ、「働くのは当たり前だと思う」と回答した人が39.1%いた一方で、「できれば働きたくない」と答えた人は28.7%、「仕事はお金のためと割り切りたい」と答えた人は40.4%にのぼった。

   「現在働いている目的・モチベーション」(複数回答)は「安定した収入のため」が最も多く69.3%で、「生きがいを得るため」は12.9%と低い割合に。若者の仕事に対する現実的な姿勢がうかがえる結果となった(調査は15年3月20日から23日にかけてインターネットで実施)。

「働く必要がなくても働きたい」人が半数近くという調査も

   この結果が発表されると、ツイッターなどでは

「若者じゃないけど私も。そんなの当然と思ってたけど、3割って少ないなぁ」
「働きたくない若者3割ということは、若者の7割はとにかく働きたいの?立派すぎない?」
「どんな仕事であっても、働きたいなんて思わない自信がある。朝起きる苦痛を、働きたい!なんて気持ちが上回るわけがない。働きたくない以外が、7割もいることに衝撃を受けるわ」

と、若者の消極的さを非難するどころか、「3割って少なくない?」という声が相次いだ。

   一方、オウチーノ総研が実施した「仮に、一生働かなくても生きていけるとしたら?」がテーマのアンケート調査(15年6月25日結果発表)では、「(金銭的に)働く必要がなくても働きたい」と考えている人は、複数回答で計48.1%と半数近くにのぼった。こちらの調査対象は、20歳から59歳までの首都圏の勤労男女。読者のあなたは、どちら派だろうか。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中