2020年 9月 24日 (木)

インド発「やりたいことを仕事にする」 「めげない」動画が大人気

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   食品メーカーのネスレがインドで展開する「#ItAllStarts」キャンペーンが話題になっている。

   キャンペーンの対象製品は、同社の看板で日本でもお馴染みのコーヒー「ネスカフェ」。ユーチューブやツイッター、フェイスブックの広告で公開された動画が見どころの本キャンペーンは、「ミレニアル世代」をターゲットに据えている。

自分の漫画をSNSに投稿

紙がだめなら、デジタルへ
紙がだめなら、デジタルへ

   ミレニアル世代とは、2000年代に成人、社会人になった世代のこと。ネットやデジタル端末がある環境で生まれ育ったいわゆるデジタルネイティブ世代とも重なるが、この動画はその世代の内面を映している。

   2015年9月4日に公開された本動画の主人公は、とある新聞社に勤める4コマ漫画家。彼はある日突然、上司から「新聞社に漫画は必要ない」と告げられてしまう。

   自分がこれまで携わってきた仕事が否定された彼は、自分がこれからどこに向かうべきか、そのヒントを日々の何気ない生活から得ようとする。

   彼は街中の人々の生活に自分の「妄想フィルター」をかけることで、新しいアイデアを得ようとする。窓際に腰掛ける美女には「恋のはじまり」、ベンチに微妙な距離をあけて座る男女には「恋が終わった瞬間」とテーマ付けをして、自宅にある四角いキャンバスにひたすら描いていく。

   明確な答えが見つからないまま、時間だけが過ぎていく。しかしあるとき、何気なく手にとったコーヒーがきっかけで 『逆転の発想』 を思いつく。

   「新聞社に自分の作品を認められないなら、新聞社とはまったく異なる場所で自分の創作活動を続けてみよう」と考え、行動に移し始めたのだ。

   そして自分の漫画をSNSに投稿した結果、多くのひとから高い評価を受け、自分の創作活動や自分への自信を取り戻していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中