2018年 6月 25日 (月)

「高卒は金の卵」新時代の到来? 求人、22年ぶりの高水準

印刷

   2016年3月卒業予定で就職を希望する高校生の求人倍率(就職希望の生徒1人に何件の求人があるかを示す)は2015年7月末の時点で1.54倍となり、前年同期と比べて0.26ポイント上昇したことがわかった。厚生労働省が「高校生の求人・求職状況」を、15年9月18日に発表した。5年連続の改善で、1994年卒(1.98倍)以来、22年ぶりの高水準となった。

   2016年3月卒業の高校生への企業の採用活動は9月16日に解禁された。求人倍率は全都道府県で前年を上回っており、厚労省は「景気の回復基調を受けて、多くの業種で企業の採用意欲が高まっている」とみている。

   求職者数は、前年同期比0.2%減の約18万6000人。これに対して求人数は、19.9%上昇して約28万6000人となった。

   求人倍率を都道府県別にみると、東京が4.45倍で最も高く、大阪(2.47倍)、愛知(2.25倍)、広島(2.14倍)と続いた。6都府県が2倍を超え、39都道府県で1倍を超えた。ただ、九州・沖縄では福岡県(1.44倍)と大分県(1.12倍)以外は1倍を下回るなど、地域格差は残っている。

22年ぶりの高水準、か
22年ぶりの高水準、か
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中