2018年 7月 21日 (土)

「おっ、スマート!」 そう思わせるハンカチ利用術

印刷

   (2015年)9月は全国的に雨の日が多く、傘が手放せない日が続きましたね。私の場合、雨の日に一番カチンとくることといえば「傘を閉じる時に何回もバサバサと開け閉めして滴を払っている人」。

   いいんですよ、周囲に滴を飛び散らさないよう配慮しながらする分には。でも人がいてもお構いなしにバサバサする人いるでしょ(笑)。足元や洋服に浴びせられるとさすがにムッとしながらタオルで拭いています。私はいつもハンドタオルとハンカチの両方を持ち歩きますが、最近ハンカチを持ち歩かない人が増えたように感じます。皆さんの周りではいかがですか?

だらしない印象を与えてNGな行動

どんな柄にしようかな
どんな柄にしようかな

   昔と違ってトイレには温風機があるし、ちょっとしたカフェでも紙ナプキンが常備されているのでハンカチを持ち歩く必要がないのかもしれません。しかし傘を閉じる際に濡れた手や、温風機で乾ききらない手を洋服の端で拭っている姿を見ると、なんだか残念。中には打合せ中に紙ナプキンで汗を拭いている人も。う~む、居酒屋のおしぼりで顔を拭くのと同じ感覚なのか?!

   逆に、スッとハンカチを取り出し、さりげなく汗を拭いたり口元をおさえたりする姿は男女関係なく「おっ、スマート!」と思います。女性の場合、飲食する際は膝にハンカチをかけるだけで素敵な女性に見えます。

   さてハンカチを持ち歩いているという前提のもと、さらに好印象なのは、ハンカチの色や柄が洋服と合っていること、アイロンがかけられていること、四隅を揃えて畳んでいることです。アイロンいらずのハンドタオルはとても便利ですが、会食やパーティーなど少し改まった席ではハンカチを持参しましょう。特に立食パーティーでは飲み物を持つ時に役立ちます。紙ナプキンだとグラスの水滴でグチャとして見た目がちょっと・・・という時もあります。行くお店の格に合わせてハンカチの質も揃えたらパーフェクト!

   持っていて安心なハンカチ&ティッシュ。何枚あっても困らないハンカチはちょっとしたプレゼントにも最適です。相手の洋服や好みに合わせて選ぶのも楽しいですね。

   そして最後に、トイレでは手をしっかりと拭いてから出ましょう。ハンカチで手を拭きながら出てくるのはだらしない印象を与えてNG。使用したハンカチをきちんとしまって身だしなみ完了です!

(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中