元モデル女子に「業界の実態」を取材 プロと「読モ」の決定的な違いとは

印刷

   「現役時代は、プロのモデルとして、がむしゃらに勉強しましたね」と語るのは、元モデルで、現在は若い女の子たち向けの「ウォーキングスクール講師」として活躍する、明美さん(26)。身長は173センチと高く「小顔」で、街を歩けば誰もが振り返るような美人です。

   そんな明美さんに、「モデル業界の裏側って、どうなってるの?」と、伺ってみました(事実関係は一部、変えてあります)。

まずは事務所内で「セレクション」

写真には写らない世界が・・・
写真には写らない世界が・・・

   地方出身の明美さんは、大学時代にスカウトされ、すぐにモデル事務所に所属が決まったそうです。ところが、事務所に入ってからが大変でした。

   「所属事務所はそこまで大手じゃないけど、それなりに大きなテレビCMや、広告、雑誌のオーディション話は来ます。ただ、すぐにオーディションに出られるわけじゃない。まず、事務所内で『セレクション』があって、そこで、『オーディションに出るモデルの子』が選ばれるんです」

   ファッション誌に出られる「前」の段階で、オーディションがあるわけですが、さらにその手前で、事務所内の「セレクション」があるのですね。「セレクション」のハードさは、かなりの重圧だったといいます。事務所が、自分をどう評価しているかが分かるわけですから。

   明美さんの表情が、それまでのニコニコした笑顔から、少し厳しい顔つきに変わったのは、筆者が「読者モデルと、プロのモデルの違いってなんですか?」と、無邪気に尋ねたときのことでした。

   「読者モデルと、プロはまったく違います。いちばん違うのは『カット数』。読者モデルさんは、1枚くらい適当に撮って終わり。メイクさんもつかないし、ギャラもほとんど出ません。でも、プロは違う。何千枚と撮って、その度にメイクさんが入って、また撮って、モニターで確認して・・・ポージングも、読者モデルさんみたいに、ただ立っていればいいというわけではない。私は雑誌を見て、ひたすら研究しました。雑誌に出ている写真が『誰もが認める完成形』なわけですから」(明美さん)

   昨今は、「読者モデル出身のカリスマ専属モデル」も、結構いるようですが、やはり多くの「読モ」と、プロのモデルは、現場での扱いからして、まったく違うのだそう。そのあからさまな「差」を見ることで、明美さんの「プロモデル根性」は、磨かれていったのかもしれません。

モデル「卒業後」のキャリアを模索中

   そんな明美さんですが、現在は「引退」し、次なるキャリアを模索しているところです。

   「モデルをずっと続けるより、なにか別のことをしたいと思ったんです。人と接するのが好きだったから、若い子を育てる方が、自分には合ってると思って」

   そう悟った明美さんは、ウォーキング講師になりました。月に何度か、都内のスタジオを借りて、モデル志望の女の子たちに「歩き方」や「ポージング」を教えています。

   「10代から20代前半まで、色んな女の子がいますよ。みんな『モデルになりたい』と一生懸命で、こちらも元気がでます」

   でも、教える側の「苦労」はないですか?

   「レッスン中に『他の先生はこう言ってましたよ』と言われると、やっぱり落ち込みますね。自分より優秀な教え方をする先生がいるのかな、と。でも、20代のうちは講師として頑張りたい。そこからは、まだ決めていませんが、美容関連の仕事に就いていたいかな」(明美)

   悩んでいるように見えた彼女ですが、モデル時代を回顧する表情は、まさに「プロ」そのもの。これからも、「美」に携わる業界の中で、活躍していくことでしょう。華やかに見える業界には、きっと、明美さんのように、キャリアを模索する女子が、沢山いるのだと思います。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中