ランチは単価200円で 「300円以上は言語道断」の節約術

印刷

   「アベノミクス」なんてどこの世界の話なのか、ビジネスパーソンのお小遣い事情は相変わらず厳しい。新生銀行の調査(2015年6月結果公表)では、2015年の男性会社員のお小遣い額の平均は、1979年の調査開始以来過去2番目に低い、3万7642円だった。さらにネオファースト生命保険の調査(15年7月結果公表)では、15年の夏ボーナスから夫に小遣いを「渡さない」と答えた主婦が過去最高の割合となった。

   そんな少ない小遣いの中、世の男性たちは涙ぐましい工夫で「節約ランチ」を食べているようだ。

数々の「節約裏ワザ」

ランチにお金はかけられません
ランチにお金はかけられません

   ニュースサイト「日刊SPA!」に、「牛丼以下の『貧乏めし』で節約するサラリーマンたち」という記事が掲載されている(15年9月24日)。

   「昼はめし抜きか、買い置きした1個50円のカップ麺で乗り切っている。1食300円以上なんて言語道断です」(31歳・販売)とかなり厳しい節約術や、

「丸亀製麺で120円の(天丼用の)ごはんのみ注文し、無料の天かすとネギで山盛りにして、タレをかけて『オリジナル天かす丼』にして食べています。店員の『天ぷらはいかがですか?』も断ってください」(34歳・不動産)

というツワモノも紹介されている。

食パンを1週間かけて・・・

   この記事を受けて、ツイッターでは「俺流の節約ランチ」を披露する書き込みがみられる。

「10年以上前から一斤約80円の8枚切の食パンを月曜に買って1週間かけて食ったり、袋のチキンラーメンを引出しに常備してマグカップで食ってるけどな」
「スープジャーにウィンナー1本、コンソメスープの素1個、折ったパスタ、熱湯を投入。1時間後に玉子を1個投入。これだけで十分1食になる」
「これよりも100円ローソンのチャーハン2袋の方がコスパいい、なお器は別途必要」
「私は手作り弁当で単価200円で美味しいものをしっかり食べてます。特売の日に買いこんで休日に作り冷凍する」

   確かに参考になる節約術は多いが、こうなる前にもうちょっとお小遣いをもらえないものだろうか・・・。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中