2019年 12月 8日 (日)

花嫁がクレーマーに変わる時 ブライダル美容師が見た「宴の裏」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   10月と5月は、1年で最も結婚式が多いシーズン。結婚式場は、どこも大忙しです。今回は、あるホテルの「ブライダル部門」で働いている美容師さんに、「仕事上の苦労」について伺いました。

   ウェディングという『ハレ舞台』にかける新婦や、そのご親戚などは、特に思い入れが強いようです。その熱意が、時に「クレーム」と化すこともあるらしく・・・。

「髪飾りの位置がズレていた!」

花嫁が・・・
花嫁が・・・

   「私たちブライダル・ヘアメイクを手掛ける美容師って、派遣もありますけど、ホテルに直接雇用されていることも多いんですよ」と語ってくれたのは、専門学校卒で某ホテルに入社した美容師、裕子さん(33)。この道、10年以上のベテランです。

   そんな裕子さんに、聞いてみました。「結婚式場には、色んなカップルが来るでしょうし、一部には『クレーマー』みたいな人も、いるのでは?」

   裕子さんいわく「そうですねぇ、います、います」。一体、どんな「文句」をつけてくるのでしょうか。

「クレーマーは、ほぼ全員が女性ですね」と、言い切る彼女。「新郎が、新婦の不満を代弁してくることもありますが、『ここの髪飾りがズレていた!』とか、そういうクレームがいちばん多いですね。あとは、親戚の女性が『留袖の着付けがおかしかった』と言ってくることもあります」

   なぜ、クレームは起きるのでしょう。ウェディング現場の美容師たちは、新婦さんの言うとおりに、理想を叶えるのが仕事。一生懸命こなしたのに、後から「クレーム」とは。

   裕子さんいわく、「今の結婚式とか披露宴の様子って、ぜんぶ映像で残るじゃないですか。それで、結婚式の翌々日あたりから、冷静になった新婦さんの一部が、『DVDや写真の写りが悪い!』と怒り始めるんです」

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中