職場で無理矢理ハロウィン衣装 「後輩から着せられる」そんな時代

印刷

   もうすぐハロウィン。最近は、職場でも「10月31日は仮装で出勤」とか、「終業後に社内でハロウィンパーティー」などの事例を、よく耳にする。特に若い世代では、ハロウィンの時期に「仮装」を楽しむ人も増えているようだ。一方で、その盛り上がりに「ついていけない」先輩たちも、多いようで・・・。

   「今度の職場のハロウィンパーティ、悪魔やるんだけどキョンシーとかもいいな~」「明日、職場の同期とハロウィンパーティーするからグッズ買ってくる!」・・・ツイッターでは、若手ビジネスパーソンとみられるアカウントが、「ハロウィン」へ向けた準備を着々と進めているつぶやきが、多数見つかる。

ハロウィンの盛り上がり、20代男性が歓迎?

もうすぐハロウィン
もうすぐハロウィン

   実際、ハロウィンは、中高年よりも「若者」に人気があるイベントらしい。ニュースサイト、しらべぇが、全国20~60代の男女1400人に調査したところ、全体では「近頃のハロウィンの盛り上がりにはついていけない」と答えた人が6割に達した。が、世代別にみると、ちょっと異なる結果がみえてくる。「30代以上」では「ついていけない」が、男女ともに過半数から6割以上にのぼっているのに対し、20代男性ではなんと、最も少ない「39.1%」。20代女性も「50.1%」と、平均より低いが、トータルでは、20代男性がいちばん「ハロウィン歓迎派」らしいのだ(「リア充の祭典『ハロウィン』についていけない人が判明!20代男性だけが・・・」2015年10月21日)。しらべぇ編集部では、「新しいイベントだけに若い世代の心をとらえ、(略)『男性が羽目をはずせる日』と認識されている可能性がある」とコメントしている。

   ツイッターでは、若い男性とみられるアカウントが、次々と「ハロウィン」関連のつぶやきをしているのが見つかった。「明日、職場のハロウィンパーティーなのにまだ骸骨マイク製作してないぞ~」と、焦りつつもワクワクしているらしき人、「職場のハロウィン仮装で(バラエティ番組などで話題の『整形男子』)アレン君やったんだけど、ちょくちょく話しかけられてカッコイイ言われたから嬉しかった!」と、満足気な若手も。年に1度くらい、仮装で楽しんでみたい、という気持ちも、あるのかもしれない。

「後輩に、無理やり衣装を着せられる・・・」

   一方、年長世代は、職場のハロウィンで盛り上がる若手に、驚きつつも、ちょっと引き気味のようだ。

   「職場のスイーツ男子がハロウィンのお菓子くれた(*´∀`*)ノ めっちゃ嬉しい!!!」と、喜ぶ人もいるが、「会社の後輩に、ハロウィンパーティに誘われたんだけど、ほとんどが初対面の人たち相手にいきなり仮装して会うって、アラサーにはキツくて断っちゃったわぁ~」と、冷めている人も。「後輩一同に、無理矢理ハロウィン衣装着せられる・・・」と、嘆く、おじさまらしきアカウントもいた。

   一方、「職場の子が彼氏から、『ハロウィン会えないから』って理由で、サプライズで花束と大量のお菓子を貰ったらしい。なんかすごいなーと思ってしまった・・・」と、『恋愛×ハロウィン』のコラボに、驚き呆れる人も。ハロウィンは会社でも、若手のエネルギーを感じる時期・・・かもしれない。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中