「スーツで仕事」が日本から消える日 必要なし派が過半数

印刷

   客先や出張時、面接などで着用する「スーツ」は、多くのビジネスパーソンにとって必需品といえるだろう。

   一方で、「暑苦しい」「肩がこる」といった理由で、「本当はスーツを着たくない」という意見も根強い。このほど、6割以上のビジネスパーソンが「スーツで仕事する必要はない」と考えているという調査結果が明らかになった。

女性目線では「スーツの方がかっこいい」

スーツ、着たくない!
スーツ、着たくない!

   「スーツで仕事」の是非を問うたのはマイナビニュースだ(2015年10月11日、結果公表)。

   同サイト会員のうち男女300人に「スーツで仕事をするべきだと思いますか?」とたずねたところ、「はい」の28.7%に対し、「いいえ」が64.3%と大きく上回った(『その他』が7.0%)。

   「いいえ」派からは、

「客先に出向く外回りの仕事でないのなら特に関係ないと思う」
「スーツだと苦しいし、非効率的だから」
「日本の気候にスーツが合ってない・・・じめじめあつい、冬は寒すぎる」
「これほど無駄な文化はないと考えている」

といった声が上がっている。

   「スーツで仕事をするべき」の理由としては、「仕事モードに切り替え」「気分も変わる」「マナーとして」「制服みたいで楽」のほか、「かっこいいから」という女性からの声もあった(調査は15年9月17日から19日まで、インターネットログイン式アンケートで実施)。

「Tシャツ短パンつっかけでいいじゃん!」

   この結果に対し、ツイッターでは

「高いし動きずらい。。冠婚葬祭でしか着ません」
「気温35度の猛暑日とかで着るもんじゃないよね」
「スーツは、オフィシャルな場所のみで良いし、事務所仕事でのワイシャツ、スーツなど無意味。風紀がもたないなら、快適な制服を採用すればいい」
「スーツというものにまったく機能性を感じない。外部との折衝が無いならTシャツ短パンつっかけでいいと思う」
「スーツ着る派の意見がほとんど気持ちの問題」

など、「否定派」に共感する声が多く寄せられている。

   「これだけ否定派がいるのなら、そろそろ廃止の議論が進んでもいい気がする」という声もあったが、

「スーツの自分が1番かっこいいと勝手に思っているので、毎日勝負服で仕事出来る会社は羨ましい・・・」
「通勤の服装がパーカー・ジャージ。仕事中作業着な俺からするとスーツうらやましい」
「私服に無頓着な人間には、これほど経済的かつ場所を選ばない服はとてもありがたいんだが」

と、「スーツがいい」という声もちらほら見受けられた。

   スーツを着て働いている人のツイートを見ていると、就業規則で着用が定められていたり、定められていなくても「空気を読んで」スーツを着たりしているケースが多いよう。「服装自由、スーツでもカジュアルなスタイルでもOK」という職場が今後、増えていくのだろうか。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中