2019年 10月 19日 (土)

「夜の仕事」の女性は、どんな部屋に住んでいるの? 不動産関係者に直撃

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

お店側が世話するケースも

   「うちの不動産会社で断られても、諦めずに次の店舗に行かれる方が多いです」と、Kさんは言います。夜の仕事で、それなりに高収入を得ている女性の中には、「お金さえあれば、部屋は借りられるはず」と、「希望を捨てない」人もいるのだとか。プライドもあるでしょうし、なんとなく気持ちは分かります。

   しかし、多くの大家さんは、お水の方と昼職の方を比べて、生活時間帯の違いや「対人関係のトラブル」、家賃の滞納リスクなどが、総合的に高いと判断する傾向にあるそうです。次の不動産会社でも断られて、その次もダメで・・・となると、お水系女子は一体、どうなってしまうのか。

   「僕が見たケースだけですが、結局、『キャバクラを経営する会社』がバックについているマンションに入居される方が多いですね。ただ、その手の物件の管理会社の中には、暴力団関係らしき方がいる場合もあるようなので・・・まあ、夜のお仕事柄、そういう物件に入居するしかない現状も、あるのかも・・・。『大変だよなぁ』と思いながら、接客しています」と、言葉を濁すKさん。もちろん、これはあくまでKさんの見解ですが、一部にはそうした『事情』もあるのかもしれません。

   繁華街で配られている、お水系の求人フリーペーパーには、「保証人不要物件、紹介します!」とか、「完全マンション型の寮つき」などと謳う広告があふれています。歌舞伎町の近くにある不動産会社で、Kさんは今日も、夜の仕事で働く女性たちの「お部屋探し相談」に、乗っている。彼が「もう、だいぶ慣れましたよ」と、繰り返していたのが印象的でした。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中