2020年 9月 24日 (木)

働きアリの法則と「口コミ」の社内法則

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   人間が集団を構成する際、「2・6・2の法則(働きアリの法則)」が働くと言われています。アリの世界では、どんな集団であれ、常に2割が「よく働くアリ」、6割が「普通に働くアリ」、残りの2割は「怠け者」に自然となってしまうというものです。

   会社も同様。どんな会社であれ、能力が高い人が2割、普通が6割、どちらかというと仕事ができない人が2割、という配分ができてしまうものです。ちなみに20世紀最高の経営者と評されるジャック・ウェルチ氏は、「部下が10人いたら1人は必ず優秀で、1人は必ず切り捨てる」と言っています。

「喫煙所」が情報発信の場に

あの人、かなり優秀らしいよ
あの人、かなり優秀らしいよ

   社員同士の対話の中で、ある社員の名前が出てきたとします。「あいつ、また失敗しちゃったんだよね」と、「ダメな社員」として名前が出る場合もありますし、「普通の社員」であれば「たまたま彼がこんなことを言っていたよ」と何気なく名前が挙がる場合も。これが「優秀な社員」になると、「あいつとは同期だけど、かなわないよ・・・。普通なら、あそこまでできないよね」といった登場の仕方をします。

   このように、社員の名前が出る場合、その人物に対して通常なんらかのキャラクターがつけられているものです。うっかり者だったり、ダメ男だったり、なんでもない普通の人だったり。その中で、「能力が高い人」の2割の中でも、とりわけ「優秀な社員」とキャラクター化されて登場する人が、社内にほんの一握りではありますが、必ずいるのです。

   では、その「優秀な社員」が社内でどのように知れ渡っていくのか。そこにはやはり、口コミの力が大きく関与しているといえます。周りの人間が「あいつは優秀だ」と言い、その言葉が部署の垣根を越えて、口伝えで広がっていくのです。

   現代は「ネット時代」といわれていますが、実はいろいろな場面において、対面でのコミュニケーションが大きな役割を果たしています。

   部門を超えたコミュニケーションがなされている典型的な場所の1つが、「喫煙所」です。会社の喫煙ルームでは、社内の喫煙者が集い、リラックスしたムードの中で、何気ない会話が交わされています。

   タバコを吸うのはせいぜい3分、長くて5分。その数分の間に出る、ちょっとした世間話に、実はとても意味があるのです。情報発信のきっかけが、こうしたリラックスの場であるケースは多々あります。

   余談ですが、社内の喫煙所で出会って結婚に至ったという話もよく耳にします。それはやはり、お互いがリラックスした素の状態で会話を交わしていることが関係しているのではないでしょうか。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中