2019年 5月 22日 (水)

「打ち合わせでノートPC」はダメ派 彼らは「頭が固い」のか

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   仕事中の「メモ取り」、ノートに手書きか、パソコン・スマートフォンに入力するかで議論になりがちだ。特に「PC・スマホNG」派に対しては、「頭が固い」「考えが古い」といった反感が寄せられることも多い。

   そんな中、「打ち合わせにノートPCを持参するのはやめよう」と主張する人が登場。ネット上は賛否両論で盛り上がっている。

ノートPC使う人は「独りよがりで傲慢」?

打ち合わせ中のPC、あり?なし?
打ち合わせ中のPC、あり?なし?

   話題の主張は、カラーコンサルタントの松本英恵氏が、All Aboutが運営するウェブマガジン「For M」の「『ノートPC持参』はNG。熱い議論に水を差す!」という記事(2015年10月8日公開)で展開している。

   打ち合わせにノートPCを持参することについて、

「打ち合わせは、ただ『聞く場』ではありません。参加者全員で『考える場』であり、『発言する場』でもあります」

として、ノートPCを持ち込むとメモを取ることが目的になってしまい、打ち合わせに参加していることにならないと指摘。

   さらに、打ち合わせでノートPCを使っている人がたまに顔を上げて発言しても無表情のことが多く、発言者の気持ちを削いでしまうとも。

「本人にその気がなくても、他人から見ると、独りよがりで傲慢な印象を与えていることもあるのです」

という。

「ノートPCは仕事に必須のツールです。とはいえ、打ち合わせの場では画面に注視するのではなく、発言する人の言葉に耳を傾け、積極的に自分の意見をぶつけるように心がけましょう」

と締めくくっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中