キャバ嬢の最新事情 「昼の仕事」めぐり対照的な2人

印刷

   先日、当コラム「『夜の仕事』の女性は、どんな部屋に住んでいるの? 不動産関係者に直撃」(2015年10月30日)に登場してもらった、不動産会社に勤める知人男性(Kさん、29歳)。歌舞伎町に、ほど近い店で働いていることから、キャバ嬢たちの「お部屋探し」に対応することも多いといいます。

   実は筆者、先日、Kさんに頼み込んで、都内の某キャバクラに連れて行ってもらいました。拙著『キャバ嬢の社会学』を書くため、キャバクラに潜り込んだのが6年前。当時の流行は、すでに古びているでしょうから、最新の「お水事情」を知ろうと思ったのです。今回は、そこで出会った、2人のキャバ嬢について書こうと思います。

「歯科助手になりたい」カオリさん

いらっしゃい
いらっしゃい

   Kさんと訪れたのは、郊外の某店。「『キャバ嬢一筋』っていう子より、普通っぽい子が多いよ」とのことです。女性客の料金は、基本的に無料。1時間半の間に、6人のキャバ嬢と話しました。筆者は「ライターであること、以前、キャバ嬢をしていたこと、ここで聞いた話は、内容を一部変えて、記事にするかもしれないこと」を明かしたうえで、女の子たちと世間話をしました。

   宮城県から今春、上京してきたカオリさん(25)は、「高校卒業してから、地元で会社受付と、キャバ嬢をやってました」といいます。「親には、『ちゃんと東京で昼の仕事を探すから』って言って、上京を許してもらったんですよ。でも、なかなか見つからなくて。とりあえず夜の仕事しか、今はやってない」とのこと。ただ、最近は「昼の仕事への憧れ」が、強くなってきたそうです。

   「石原さとみのドラマ、あるじゃないですか(※筆者注:『5→9~私に恋したお坊さん~』フジテレビ系)。あれ見て、『やっぱOLっていいなぁ~』とか思って。お昼に渋谷へ行くと、OLさんたちが財布だけ持って、楽しそうにランチしてるじゃないですか。羨ましい。なんか、歯科助手とか、なりたいなって思いますね」(カオリさん)

   夜の仕事で、それなりの収入を得ているカオリさんですが、「やっぱり普通のOLになりたい」。なぜ「歯科助手」なのか聞いてみたところ、「なんとなく」だそうです。

   そんなカオリさんの次に話したのは、偶然にも(!)「昼は歯科助手をしている」エリナさんでした。

昼の仕事だけでは「食べていけないから」

   愛知県出身で、23歳のエリナさんは、なんと入店初日。黒髪ロングで、あどけなさの残る表情が印象的です。「昼は歯科助手をしてるんですけど、お給料が安くて。東京って家賃とか、高いじゃないですか。だからなんとなく、キャバ嬢やろうかなって。シフトが早く終わる日は、なるべく出勤しようかなって。でも、両立はキツそうですよね・・・」(エリナさん)

   「普通のOL」に憧れ、「歯科助手になりたい」というカオリさんと、歯科助手として働くものの、お給料への不満から、キャバ嬢を始めたエリナさん。エリナさんとカオリさんが、どこまで互いのことを知っているかは、分かりません。ただ、2人とも、地方からの上京組。かつ「東京で普通のOLとして働くこと」が、なんとなく「正しいこと」だと思っている点は共通していました。都会の一人暮らしは家賃も高いし、大変だよなあ・・・と、複雑な心境で、お店を後にした筆者。女性客は無料なので、罪悪感からドリンクをたくさんオーダーした結果、財布の中見も寂しくなりましたが・・・これからも時々、最新のキャバクラ女子事情を、レポートしたいと思います。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中