2018年 6月 19日 (火)

某慶大生の大迷惑「就活ストレス解消法」 危険物投注の疑いで書類送検

印刷

   就職活動に失敗した腹いせに、川崎市の自宅マンションから東急東横線の線路上などに約30個の生卵を投げ落としたとして、神奈川県警中原署は2015年11月19日、区内に住む慶応大4年の男子学生(22)を軽犯罪法違反(危険物投注)の疑いで書類送検した。

生卵約30個を投げ落とした容疑

約30個も・・・
約30個も・・・

   男子学生は10月26日から11月11日にかけて、川崎市中原区の武蔵小杉駅近くにある自宅マンション4階から約30個の生卵を、隣接する商業施設の通路や線路に投げ落とした疑いがある。生卵が当たった女性もいたが、ケガはなかった。

   男子学生は「就職活動がうまくいかず、むしゃくしゃしていた。生卵を投げつけて割れると気分がスカッとした」などと容疑を認めているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中