クリスマス前に特訓だ 「乗り切るツボ」ユーモラスに紹介

印刷

   来月はクリスマス。今(2015)年は12月に映画『スターウォーズ』の新作が公開されるということで、プレゼントの本命はそのグッズという話も聞く。プレゼントの他にも、いろいろと準備しないといけないものはあるだろう。

   そんな時季を踏まえ、ドイツの大手ディスカウントスーパー「Lidl」が、「Cubaka」という会社と提携し、クリスマス商戦に向けて動画キャンペーンを開始した。

あまり欲しくないプレゼントをもらったときは・・・

プレゼントへのリアクションを指導
プレゼントへのリアクションを指導

   提携先のCubakaは、企業に対する消費者のブランドイメージを分析し、その改善を主にソーシャルメディアにおける情報発信で支援する。トヨタなど大手企業をクライアントに抱えているそうだ。

   「The Lidl School of Christmas」、つまりクリスマスの学校と題された今回のキャンペーンは、クリスマスの準備に追われるファミリーに、それを乗り切るハウツーを動画で伝えるというもの。

   単に役立つだけでなく、パロディー風の演出で楽しみながら学べるラインナップとなっている。

   例えば、「あまり欲しくないプレゼントをもらってしまったときのリアクション」。中途半端な喜び方だと、あげたひとから残念がられることを考慮し、どうしたら本当に喜んでるように見えるかを伝授する。

   コツは、オーバーリアクション。両手で顔を仰ぎながら、すぐにでも涙が浮かんできそうな表情を作り「Oh my gosh!!」と叫ぶと、「なんて素敵なプレゼントなの!」と言うニュアンスが伝わる。

パーティーに合う料理のレシピも公開

   サンタクロースに変装して家族を盛り上げようとする父親の姿も、欧米ではよく見かける光景。クリスマス・キャロルの「We wish you a Merry Christmas」を歌うときには、ウォーミングアップでサンタの「ホゥホゥホゥ」という笑い声を真似してチューニングすると、本番でいい声が出るという。

   などなど、クリスマスで役立ちそうなテクニックがユーモラスに紹介されている。

   動画コンテンツの中には「クッキング」のコーナーもあり、クリスマスパーティーに合う料理のレシピも公開されている。クリスマスツリーなどのデコレーションの方法なども紹介されているが、そこではLidlの商品を多用することで、消費者の購買意欲を高め、商品の販売につながるよう工夫されている。格安スーパーゆえに持たれがちな低品質というイメージを払拭したい狙いもありそうだ。(執筆:赤江龍介 編集協力:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中