2018年 12月 16日 (日)

三井物産が「博士」に採用枠 文系理系を問わず

印刷

   商社大手の三井物産が、大学院の博士課程の修了者を対象に、新規採用枠を設けて総合職を募集している。2015年11月4日から、エントリーを受け付けている。「博士」にしぼった採用枠を設けるケースはめずらしい。

総合職(担当職)として勤務

分析力を活かして・・・
分析力を活かして・・・

   募集対象は、すでに大学院の博士課程を修了済み、もしくは2016年3月末から17年3月末までに修了見込みの人。文系理系は問わないが、15年度の同社総合職(担当職・業務職)の採用選考を受験していないことが条件。

   入社時期は16年4月1日、同年10月1日、17年4月1日のいずれか。全国各地への転勤や海外勤務などがある総合職(担当職)として勤務する。

   博士課程の修了者はポストドクター(博士研究員)として大学院にとどまる人材が少なくないが、同社としては分析力などに優れた人材確保の好機にしたい考え。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中