2019年 6月 25日 (火)

「働く女性」視点から大予測 2015新語・流行語大賞はコレだ!?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   1億総活躍社会、福山ロス、アゴクイ、プロ彼女、おにぎらず・・・

   もうすぐ(2015年12月1日)、「2015ユーキャン新語・流行語大賞」の候補50語のなかから、トップテンが発表されます。今の日本社会を象徴している、ともいわれる50語。「働く女性の視点」から見渡すと、また少し違った光景が浮かび上がってくるようにも思います。

「1億総活躍」に「もう、お腹いっぱい」

2014年にはトップ10入り
2014年にはトップ10入り

   まずは「1億総活躍社会」。政府によるスローガンですが、「活躍」といえば、安倍政権は当初から、「女性の活躍推進」を掲げていました。筆者の周りの働く女性たちからも、「これ以上、活躍しろって言われても・・・」とか、「もう頑張りすぎて、精一杯」などの声が、結構聞かれました。それ加えて「1億総活躍」となると、もうお腹いっぱい、という女性も目立ちます。今年は「希望出生率1.8」という目標も掲げられ、一部の独身女性たちの中には、不安になったケースもあるようです。先日、ある50代女性(専業主婦)と話したのですが、「私たちの頃とは時代が変わったのに、今さら『産めよ殖やせよ働けよ』ってねぇ・・・若い子たちは、ちょっと可哀想」と言っていたのが、印象的でした。

   「女性も、もっと頑張れムード」が先走る中、世間では「芸能人の結婚ラッシュ」が話題に上りました。俳優の西島秀俊さんが一般女性と結婚した際(14年末)は、「プロ彼女」なる流行語がメディアを席巻。「一般人なのに、芸能人と出会える『プロ彼女』って何? 地道に働いている私とは、別世界か・・・」と、神妙な気持ちになった女性も多かったかもしれません。

   15年9月に福山雅治さんが吹石一恵さんと結婚すると、「ショックで仕事休みます」という女性が続出したとか、しないとか(個人的には、そこまで続出していないと思いますが)。こうして流行語となった「福山ロス(ましゃロス)」の他にも、真鍋かをりさんと吉井和哉さん(公表6月)、堀北真希さんと山本耕史さん(同8月)など、ビッグカップルの結婚が相次ぎました。日々、働くアラサー女性たちを取材していると、結婚願望の強さは様々です。が、一部には「早く結婚したい!」という女性もいて、彼女たちは大物カップルの誕生に、あこがれと諦め(?)の感情を抱いているようでした。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中