2022年 6月 27日 (月)

インド人もびっくり「日本のおまじない」 コレつけると「仕事早くなる」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

乱発するとスルーされるおそれも

   「日本人は『至急』に弱い」ということに共感が相次いでいるようだが、IT情報サイト「ITpro」では、件名に「【緊急】」「【至急】」「【大至急】」と記したメールを乱発していたプロジェクトマネジャーが、本当に重要な依頼メールをないがしろにされてしまったというケースが紹介されている(12年7月2日)。「そこまで重要でなくてもそういう件名を付ける人」と判断されてしまい、プロジェクトメンバーたちが皆、通常の優先度でメールに対応するようになっていたそうだ。

   実際、「至急」に慣れてしまったらしい人からは

「海外からのメールのタイトルのUrgent有無は、たいてい無視しますね。つか、ほとんど付いてるから」
「本当に急ぐなら回答期限が書いてあるはずで、それが無い『至急』は『どうしても暇ならやればいい』と解釈している」

とのツイートも。

   「至急メール」に悩まされている人は相手にちゃんと期限を設定するよう伝える、また「至急メール」を連発している自覚がある人は本当に至急かどうか見直せば、ビジネスメールのやり取りがより円滑になるかもしれない。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中