「ストレスチェック制度」始まる 吉と出るか、それとも・・・

印刷

   心の健康を守るため、企業に従業員の「ストレスチェック」を義務付ける制度が2015年12月1日にはじまった。

「気づき」を促すことが目的

ストレス、たまってませんか?
ストレス、たまってませんか?

   ストレスチェックとは、従業員の心理的負担の程度を測る検査。2014年6月に改正労働安全衛生法が成立し、従業員が50人以上のすべての事業所を対象に義務づけられた。企業は定期的に従業員のストレスの状況について検査。その結果を本人に通知して、自らのストレスの状況について「気づき」を促すことを目的にしている。

   具体的には、従業員が「非常にたくさんの仕事をしなければならない」「私の部署内で意見のくい違いがある」「仕事に満足だ」などの質問に答え、その結果を医師や保健師が判定。 ストレスが高いとされた人には、希望者に医師が面接する。企業側は、医師の意見と本人の希望を聞いたうえで、仕事内容の変更や労働時間の短縮などを措置する。

   また、結果による不当な解雇や異動は禁止されているが、企業側による結果の悪用を懸念する声もあり、悪用を防ぐ仕組み作りが求められている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中