2021年 2月 26日 (金)

「おかしいと思ったら声をあげるのよ」 70代女性が「若い人に期待」する理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

人生の大先輩のひとことが響いた

   「こちらこそ、急にご連絡してしまい、すみません」と謝りつつ、筆者が「女性の『銃後の守り』の歴史」に興味があり、ぜひテレビで紹介したいと思っていることを伝えると、K子さんは言いました。

「あなたのような若い女性が、そうやって戦争の歴史に興味を持ってくれるのは本当に嬉しいわ。今の時代、戦争問題にかぎらず、『おかしいな』と思っても、声をあげない、静かな人が多い気がする。私たちお年寄りだってそうよ。男性もそう。だからね、女性がもっと元気にならなきゃいけない気がするの」

   70代になる、K子さんは続けます。

「私も老齢の親の介護なんかで、色々大変よ。でも、それに負けて、うじうじしてもダメだと思っているの。あなたも東京で働いて、大変なことがあるでしょうけれど、頑張って、おかしいなと思ったら声をあげるのよ。若い人に、私は期待しているわ」

   明るく励ましてくださった、K子さん。思わぬ所でできた、人生の大先輩とのご縁に、なんだかじわじわと力が湧いてきたのでした。政府が掲げる「女性の活躍推進」というスローガンよりも、何よりも、戦後を生きてきた、人生の大先輩の「頑張ってね」というひとことが、筆者には響いたのです。「おかしいと思ったら声をあげる」。前向きに頑張ればいいんだと思えました。働く女性にとっては、もしかして、同僚や先輩だけでなく、年の離れた人生の大先輩と話すことが、時にはエンパワメントになるのかもしれない。筆者はそう思います。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中