2018年 9月 25日 (火)

起業に成功する人が知っているコト 「ハードル」の本質を見抜く

印刷

   『起業1年目の教科書』(今井孝、かんき出版)。「1年目から無理なく年収1000万円稼ぐ」との副題も。2015年6月、発売。著者は、大手IT企業で新規事業を成功させ、独立後に始めたセミナーでは「9年連続で毎回300人以上が参加」しているという。出版社サイトによると、

「成功する人は『起業に大きなチャレンジが必要ない』ことを知っています。多くの人が感じるハードルは、自分が生み出した幻想にすぎません。それが分かった人から次々と成功して行きます(略)」

   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『起業1年目の教科書』
『起業1年目の教科書』
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中