「サンタ追いかけ60年」の迫力映像 「米空軍基地が拠点」の司令部が公開

印刷

   米コロラド州のピーターソン空軍基地に拠点をおく北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が、毎年公開している「サンタ追跡サイト」を今年も公開した。形を変えつつも今年でなんと60周年を迎える取り組みである。

   本サイトではクリスマス・イブである12月24日の午前00時01分(MST 山岳部標準時)にサンタクロースが飛行準備をしている様子を(前回通りならCG画像で)見ることができ、出発後はサンタカメラが各都市を訪れる様子をストリーミングで放映する。

サンタカメラから中継

サンタを追跡!
サンタを追跡!

   前日までの間は、クリスマスにちなんだインターネットゲームやクリスマスソングの視聴を楽しんだり、過去のサンタ追跡の取り組みなどについてまとめた動画などを見たりすることができる。スマートフォンアプリでも展開している。

   サイト上の動画では、過去に子どもたちやその親が「サンタはいまどこにいますか?」と電話で尋ね、NORADのスタッフたちがサンタの居場所を教えたり、子どもたちに「いい子にしていればサンタがプレゼントを置いていってくれる」と語ったりと、心温まるやりとりを見ることができる。

   12月24日の午前4時(MST)からは、メールやフリーダイヤルでNORADのオペレーターにサンタの居場所を電話で確認することもできるようになる。

きっかけは間違い電話

   同司令部が本サイト「NORAD Tracks Santa」を制作することになったきっかけは、コロラド州にある大手スーパーのシアーズが子ども向けにサンタクロース・ホットラインを開設したとき、その広告に誤って当時の司令長官席の電話番号を載せてしまったという珍事。

   当時子どもからの電話を受けたハリー・シャウプ大佐は、粋なことに「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」と回答。いまではクリスマスシーズンになると、多くの企業や軍事スタッフ、民間人職員らがボランティアでこの行事を盛り上げる。

   今(2015)年は、検索大手のグーグルもサンタを追跡するサイトを公開し、クリスマスへのカウントダウンを盛り上げている。サンタが登場するゲームやムービー、クリスマスソングを再生できたりとデジタルネイティブな子どもたちも楽しめそうだ。

   同サイトではさらに、「学ぶ」「見る」「遊ぶ」などのカテゴリーに分かれたいろんなアプリを毎日公開。来年からは日本でも、「サンタ追跡サイト」が季節の恒例行事になるかもしれない。(執筆:赤江龍介 編集協力:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中