ブラック企業からダークサイド企業へ 「堕ちた」会社の呼び方変わる?

印刷

   約10年ぶりの新作スター・ウォーズ「フォースの覚醒」が2015年12月18日、日本で一斉公開された。各マスコミがスター・ウォーズ特集を組むなか、雑誌AERA(12月21日号)は、「企業でも/教育現場でも/家庭でも スター・ウォーズ『フォース』はわれらの手に」を掲載した。

   同特集の冒頭記事に登場する、慶応義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は、あるニュースを見て「この企業はダークサイドに堕ちてしまったのか」と思ったそうだ。

「ダース・ベイダー」との共通点とは

ダークサイドな環境だな
ダークサイドな環境だな

   ダークサイドとは、スター・ウォーズのダース・ベイダーに代表される「暗黒面」のこと。また、夏野さんの頭に浮かんだ企業は、排ガス不正プログラムを指摘されたフォルクスワーゲン(VW)だ。

   ダークサイドに堕ち、のちにダース・ベイダーとなる、アナキン・スカイウォーカーとVWとを並べ、夏野さんは、短期的な判断を繰り返した、という共通点を指摘している。短期的な判断の繰り返しの先が、ダークサイドだったというわけだ。

   夏野さんの論点は別として、「ダークサイドに堕ちた企業」と聞くと、ブラック企業を連想する人も少なくなさそうだ。2013年に新語・流行語大賞のベストテンに入った「ブラック企業」。言葉としてもすっかり定着し、「ブラック企業大賞」も、2015年で4回目となった。

   久々の新作登場で盛り上がるスター・ウォーズ熱の勢いで、「ダークサイド企業」という言葉が、「ブラック企業」のかわりに使われるようになる・・・かもしれない!?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中