2019年 10月 19日 (土)

「下手すりゃ俺も死ぬな」 カフェイン中毒死ショック克服法

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   残業で夜遅くに帰宅し、十分な睡眠を取れずにまた朝早くから会社へ・・・。こんなハードワーカーの中には、エナジードリンクをお供に働いている人も少なくないのでは。

   疲れを感じるたびにグビグビ、睡魔に負けそうな時にもグビグビ――もしそんな使い方をしている人がいたら要注意だ。このほど、「カフェイン入り清涼飲料水」の短期間での飲み過ぎによるカフェイン中毒死の事故が報告された。国内で初の事例とされる。

目まいやおう吐に悩まされていた

飲み過ぎ注意
飲み過ぎ注意

   解剖にあたった福岡大法医学教室の会見(2015年12月21日)などによると、死亡したのは九州地方の20代の男性。ガソリンスタンドで深夜から早朝のシフトで働いていて、眠気覚ましのためにカフェイン入り清涼飲料水やカフェインの錠剤を日常的に摂っていたが、1年ほど前から目まいやおう吐などの体調不良を訴えていて、死亡当日にも帰宅後におう吐していた。

   フジテレビ系「とくダネ!」(12月22日放送)が伝えた、福岡大学の久保真一教授の話によると、薬物の分析をしたところ、致死量に達するほどのカフェインが検出され、さらに胃の中にも、カフェインの錠剤とみられる粉のようなものがあったという。

   久保教授によると、カフェインの致死量は、成人の場合一度の摂取で3グラム。これは200ミリグラムのカフェインが入った清涼飲料水なら15本、60ミリグラムのカフェインが入ったコーヒー100ミリリットルなら50杯に相当する量で、これを一気に飲むということはなかなかないだろうが、一度に摂らなくても、日常的に大量に摂取していれば危険とのことだ。

   番組ではカフェイン入り清涼飲料水について、多量の摂取は避け、1日1本を目安にするよう注意喚起していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中