2020年 9月 19日 (土)

お年玉の生涯収支 「もらった額」の方が多い人の特徴

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   この年末年始、親戚が集まってにぎやかに過ごすのは、楽しい反面、お年玉の出費が痛い・・・という人もいるのでは。

   そんなお年玉について、こんなトピックが投稿されている。「生涯でお年玉の収支がプラスになるのってどんな人なのか」という問いかけだ。

末っ子はもらえる期間が短く、あげる立場になるのは早い

あなたはプラス?マイナス?
あなたはプラス?マイナス?

    件のトピックは、Q&Aサイト「OKWAVE」に寄せられてた(2015年12月18日)。

   30代独身の投稿者、お年玉をもらえたのは小学1年生から高校2年生までだったそうで、社会人になってからは「今までのお礼に」と両親や祖母にお年玉を渡すようになり、今は姉と兄の子供にもあげているという。

   すでにお年玉をもらっている期間よりあげている期間の方が長くなっていて、「末っ子という事もあり、貰える期間は短く、姪っ子甥っ子にあげる立場になるのは早いという一番損をするパターンですw。両親祖母に関しては金額的に完全にマイナスですw」と自虐的に語る。

   そこでふと、お年玉について「私みたいに人生全体で考えた場合マイナスになってる人間がいるなら、当然プラスになってる人間もいる」という考えが生まれたそう。

     「確かに結婚して自分に子供が出来たら、貰う方が多くなるなんて事もあるんでしょうが、子供の収支は子供の物と考えて、イチ個人で、お年玉の収支がプラスになる人っていますか?」 と問いかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中