2020年 12月 3日 (木)

「自宅警備員」を警備員で雇う そんな経営者へのネットの評価

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   引きこもりや、一部のニート(NEET)のことを「自宅警備員」と呼ぶようになったのは、いつからだろう。今ではすっかり、ネットスラングとして定着しているこの言葉。

   最近では、引きこもりの人たちを、本物の「警備員」として雇用する会社もあるそうだ。ツイッターでは、そんな会社の試みについて、様々な意見を飛び交っている。

「週1日でもOK」

警備のお仕事
警備のお仕事

   話題になっているのは、「ダイヤモンド・オンライン」が報じた、東京・町田市の警備会社「エリア警備」。記事では、同社の経営者2人にインタビュー。なぜ引きこもりの人たちを雇用するに至ったのか、その仕事内容などをルポルタージュ形式でまとめた(「引きこもり経験者を本物の『警備員』として雇う会社」 池上正樹『引きこもり』するオトナたち、2015年12月17日)。

   記事によれば、警備員の主な仕事内容は、道路に立って赤い棒を振ること。研修を受けて採用されると、週に1日や半日、日勤、夜勤の別などを選んで働ける。記事では、社長らへのインタビューから、警備員の仕組みが「登録制なので、自分のペースで仕事ができるのも(当事者にとっては助かる部分が)大きい」と分析。社長たちは、応募者の履歴書にある「空白」や、『過度のコミュニケーション力』は重視しない方針のようで、中には同社での就労を通じて、『社会復帰』した人もいるようだ。

   記事がネットで拡散されると、ツイッターでは様々な感想が見られた。

   「自宅警備員として培ってきたスキルを活かせる場ができた。 ある意味、ひきこもり歴イコール、キャリアだよね」と、ネットスラングとからめて興味津々の人も目立つ。「『この手があったか!』と、後に続く企業も多いかも」とつぶやく人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中