「非正規」が実行した生活苦対策 「食事回数減らした」は何割いたか

印刷

   その人の賃金が世帯全体の収入の半分以上を占める非正規労働者(主稼得者)のうち約2割が、この1年間に生活苦をしのぐために「食事の回数を減らした」と答えていたことが、連合総合生活開発研究所の「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」でわかった。2016年1月14日、発表した。

「医者にかかれなかった」などの項目も

食事を抜くかな・・・
食事を抜くかな・・・

   調査は15年10月に実施。首都圏など12都府県で、非正規で働く20~49歳の男女1967人から回答を得た。うち、主稼得者についてみると、「生活苦のため行ったこと」の質問で、「食事の回数を減らした」は20.9%にのぼった。

   最多の回答は「そのような経験はない」(61.5%)だったが、具体的対策としては、「食事の~」が最も多かった。以下、「医者にかかれなかった」と「税金や社会保険料が払えなかった」の各13.0%が続いた。

   主稼得者を含めた調査対象全体では、「そのような経験はない」(76.3%)、「食事の~」(11.6%)、「医者にかかれなかった」(8.5%)が上位を占めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中