2019年 12月 15日 (日)

「妙齢」と「結婚適齢期」の違いとは? 「プロのチェック」に大感動 【女性キャリア最前線】

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ありがたいことに、今(2016)年1~2月にかけて2冊の新刊が出ることになり、ゲラチェックに追われています。「ゲラ」とは「ゲラ刷り」の略で、Wordなどで筆者が作成した本文を、特定のソフトを使って本用のデザインに落とし込んだもの。いざ、本の形になってみると、Wordで書いたものとは、全く印象が違うことに驚きます。「この一文は長過ぎるかも」とか、「ちょっと太字が多すぎるかなぁ」など、直したい部分もたくさん出てくるのです。

   出版社さんから「ゲラ刷り」が紙で送られてくるときには、同時に「校正さんのチェックコメント」もついてきます。「校正さん」は、誤字脱字や表現の矛盾点をチェックし、編集さんを通して、著者に指摘するのが仕事。その仕事ぶりには毎回、感動します。

「前のページの主張と矛盾しませんか?」

書籍になる前に・・・
書籍になる前に・・・

   「『~~して欲しい』と『~~してほしい』が混在しています」「ここで引用しているデータ、正式名称は何でしょうか」「引用している欧米圏の作家名、・(ナカグロ)か=(ダブルハイフン)、どちらに統一しますか?」・・・校正さんがゲラに書き込むコメントには、いずれもハッとさせられます。

   誤字脱字や表記ゆれは、私も事前チェックをしますが、どうしてもなくなりません(情けない・・・)。そのすべてを、校正さんは細かくチェックし、発見、指摘してくれるのです。「この部分、前のページの主張と矛盾しませんか?」など、冷静に分析してくれることも。

   校正業界には、女性も多いそうです。社内に部署があることもありますが、別会社や、フリーランスの校正さんに委託するケースもあるとか。考えてみれば、校正さんは、編集さんの次に、筆者の文章を読む人です。編集はもちろん、最初の原稿に「ここはこうしたほうがいいのでは」とアドバイスをするのが仕事。

   内容そのものへの助言がほとんどです。企画段階から、一緒にお仕事をしているので、書籍の内容に興味をもってくれるのは(当然といえば)当然。だからこそ『アツい』助言をくれるわけです。対して校正さんは、私の書籍テーマに、もともと関心があるわけではない(ことも多い)でしょう。それほど興味がないテーマでも、200ページ以上ある原稿にじっくり目を通し、文字と向き合わなくてはなりません。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中