2021年 6月 20日 (日)

「妙齢」と「結婚適齢期」の違いとは? 「プロのチェック」に大感動 【女性キャリア最前線】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

まるで「文通」?

   実は学生時代に就活をしていた際、「校正」の仕事に興味をもったことがありました。が、実際に本を出すようになって、校正さんの仕事ぶりに触れてみると、それは「甘かった」と思います。興味のないテーマの原稿も読み通し、前後の文脈に矛盾がないか調べる。出典を確認し、引用元にミスがないかチェックする。ことわざなどの用例も、間違いがあってはいけません。

   今回の新刊は「結婚」がテーマですが、いちばん感動したのは、「妙齢」と「適齢期」の使い分け。「妙齢なのに結婚しない」という表現に対して、「ここは『妙齢』としていますが、『適齢期』では? 両者は意味が違いますが、最近では一緒の意味で使う人も多いようなので、ご判断下さい」と、指摘いただいたことです。「なんて細かい視点なのだ!」と、感動。これをきっかけに、「妙齢」の意味について調べ直したところ、面白い点が沢山みつかり、「妙齢」について1本、コラムを書くことに。書き手としての、新たな発見につながったのです。

   校正さんとは顔を合わせる機会がまったくありませんが、コメントを見ていると、まるで「文通」しているような、不思議な気持ちになります。字体から、「どんな人だろう」と、想像をふくらませることも。顔は見えないけれど、校正さんには本当に、感謝しきりなのです。いつか、会ってお礼を言いたい・・・。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中