2018年 9月 23日 (日)

経団連、「賃上げ」との距離感 16年春闘向けの方針は?

印刷

   日本経済団体連合会の榊原定征会長は、2016年の春季労使交渉に向けて、企業に対して「継続した賃上げ」を要請した。2016年1月25日、東京都内で開かれた経団連の「労使フォーラム」で語った。

「賃上げにつなげるよう最大限の努力を」

どうなる「賃上げ」
どうなる「賃上げ」

   榊原会長は冒頭のあいさつで、「企業は積極果敢な経営を通じて収益を拡大し、その成果を賃上げにつなげるよう最大限の努力をお願いしたい」と強調した。

   経済の好循環を掲げる安倍晋三政権からの要請を背景に、継続した賃上げの3年目の交渉になる。中国経済の減速や原油安の影響で、株式市場は年明け以降に不安定な状況が続いている。経営側に不安感が先行しているなか、榊原会長は「経済の好循環の歯車を再度、力強く回していく取り組みが必要だ」と訴えた。

   一方、連合の神津里季生会長は、2%程度のベースアップの実現を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中