2018年 10月 21日 (日)

販売員に「最高年100万円」上乗せ 「三越伊勢丹が新制度」報道

印刷

   百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングスは、売り場の販売員に対して、売り上げに応じた成果報酬を設ける新制度を2016年4月にも開始する方針を固めたと、2月1日付の朝日新聞が報じた。基準より多く売った販売員の給与に報酬を上乗せするもので、報酬額は最高で年100万円ほどと報じている。

「決定している事実はありません」

三越伊勢丹HDがサイト上で公表したコメント
三越伊勢丹HDがサイト上で公表したコメント

   これに対して、同社は「決定している事実はありません」とのコメントを発表。「組合との交渉にも、まだ入っていない」という。

   報道によると、基準を下回っても減給はせず、報酬分は純増となる。百貨店では、売り場によって単価や売り上げなどが大きく異なるため、販売環境に応じて基準額などの条件を変え、不平等にならないよう配慮する。初年度は、東京都内の伊勢丹新宿本店、日本橋三越本店、三越銀座店の旗艦3店舗で開始するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中