働く「ジャニオタ」女子のホンネ 「ただのファン」とはココが違う
【女性キャリア最前線】

印刷

   中1でKinKi Kidsのファンを『卒業』して以来、ジャニーズ界隈には疎い筆者ですが、先日、新宿の地下道で興味深い光景を目にしました。カタログ通販「ニッセン」の巨大なパネル広告です。

   『touch n,』『さわってみて、新しいnissen』とのキャッチコピーで、イメージキャラクターを務めるのは、4人組アイドルグループ「NEWS」の皆さん。彼らが胸をはだけて、ニッセンのパーカー(本物)を着ているのです。もちろん人物は「等身大パネル」ですが、パーカーは本物なので、触ってOK、2ショットの撮影もOK。というわけで、多くの女性ファンが、ちょっと照れた面持ちで、好きなメンバーとの撮影会を楽しんでいたのです。それを、チラッと見て、通り過ぎる男性たち・・・。新宿の地下道は、ちょっとした熱気に満ちていました。

   働く女性には、ジャニーズファン、ジャニーズオタクが少なくありません。彼女たちはなぜ、ジャニーズに惹かれるのか。「ファン」と「オタク」の違いとは・・・?

「別にイケメン好きではない」

こちらもジャニーズ
こちらもジャニーズ

   「ジャニオタって言うと、周囲からは『どうせイケメン好きでしょ』って言われるんですけど、まったく違うんですよね。現実の異性と、ジャニーズは別物です」と語るのは、航空業界で働くMさん(30)。拙著『本当は結婚したくないのだ症候群』でインタビューした、働く独身女性の1人です。

   彼女は数年前、某ジャニーズグループのコンサートに誘われて行ったことがきっかけで、そのグループの虜になったそう。今では、全国を飛び回る仕事の合間に、観光半分で「遠征(地方など、遠くのコンサートへ出かけること)」を楽しんでいるようです。

   「◯◯(都市名)のコンサートで、××くんと目が合ったんですよ!」と熱弁するMさんの姿は、普段バリバリ働いているイメージとはギャップがあり、思わず引きこまれてしまいました。

   彼女以外にも、「ジャニオタ」を自認するキャリア女性は多かったのです。Mさんの同僚、Iさんは言います。

「結婚した友だちが、『独身時代と比べて、お金が自由に使えないから悲しい。もう(ジャニーズ)オタクじゃなくて、ただのファンになっちゃった』って言うんですよ」(Iさん)

   聞けば、「ファン」と「オタク」には明確な違いがあるそう。オタクは、一般人が言う「マニア」に近い感じで、コンサートで全国行脚したり、CDやグッズを全種類そろえたりするのも当たり前ですが、「ファン」はそこまでしない(できない)そうです。

仕事の疲れが癒される「理由」

   可処分所得の高い彼女たちは、お給料をある程度自由に使えるので、「オタク」になれるのかもしれません。同時に、「ジャニオタ」なる独身女性たちは、「現実にあんなイケメンがいても、結婚対象としては見られないと思う」とも強調していました。

   「ジャニーズは2.5次元なんですよ」「そう、動物園の『パンダ』みたいなもの。見て『きゃー、素敵!』って癒される」・・・さらには、「彼らが頑張っているから、私も仕事を頑張ろうって、思えるんです」と語る、働く女性たち。

   インタビューでは、「癒やし」というキーワードが何度も出てきたのが印象的でした。パフォーマンスを頑張る彼らを見て、「私も頑張ろう」と思える。働く女性が「ジャニオタ」になる背景には、可処分所得の高さと、現実の仕事のツラさがあるのかも・・・なんて思いつつ、テープレコーダーを止めたのでした。ジャニーズこそ、究極の「癒やしビジネス」かもしれません。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中