「バイトのお悩み」、東大生コントで解消 東京都が動画を公開

印刷

   アルバイトをめぐる労働トラブルの「お悩み」を、コントで笑いながら解消(笑)しよう――こんな動画を東京都が作成し、2016年2月3日に公開を始めた。

   無理なシフトを頼まれたり、塾の授業準備がタダ働きだったり。そんな「ありがちな事例」を、東京大学お笑いサークル「笑論法」がコント仕立てで紹介。その後、弁護士が労働法上のルールの解説や、解決に向けたアドバイスを行っている。

店長が「シフトに入るか、店を辞めるか」

「知らないと損する労働法II バイトの悩み『解笑』セミナー」は3編構成
「知らないと損する労働法II バイトの悩み『解笑』セミナー」は3編構成

   東京都労働相談情報センターのサイトで公開されたのは、「知らないと損する労働法II バイトの悩み『解笑』セミナー」。「シフトの強制・解雇編」(約5分)など3編の新しい動画を見ることができる。

   「シフト~」編では、他の予定が入っていて「(急に指定された)シフトには入れない」と訴えている男性アルバイトに対し、店長が「シフトに入るか、店を辞めるか」と迫る。バイトと店長の2人のやりとりの後、弁護士が登場。シフト入りを断った際、会社や店側が解雇など不利益なことを示して脅してきても、「こうしたことは許されない」と指摘、「勇気を持って断ることが大事です」と助言する。ほかに、「自爆営業・給料天引編」と、塾を舞台にした「コマ給・給料未払い編」がある。

   同センターは今回の動画について、学校の授業や職場研修などで活用してほしい、としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中