外国人に「最も不評」な労働慣行 ニッポンで「住みたいけど働くのは・・・」

印刷

   セクハラ・パワハラ、サービス残業に低い有休消化率・・・昨今、日本の企業の悪い面がクローズアップされることが多い。

   このイメージは、外国人にも強く植え付けられているらしい。日本で働くことに魅力を感じている外国人はわずか2割、という調査結果が話題になっている。

「日本で働く」が魅力的、わずか2割

日本で働くのはイヤ?
日本で働くのはイヤ?

   一般社団法人日本国際化推進協会(JAPI)が実施した「日本で働くことについての調査」によると、「日本で働くこと」について、「非常に魅力的」と回答した外国人は4.3%、「やや魅力的」(17.7%)と合わせても、わずか2割ほどにとどまった。

   「日本企業に対するイメージ」で最も「賛成」とされたのが「序列が強い」(非常に賛成66.5%、やや賛成29.4%)。以下「男性支配」(同63.9%、28.9%)、「固い」(同50.6%、41%)、「残業が多い」(同57.8%、33.2%)と、悪いイメージに「賛成」の声が多くなっている。

   「日本企業への入社の阻止要因」は、「長時間労働」が圧倒的に多く65.4%。以下「コミュニケーション様式」(34.9%)、「評価システム」(33.1%)、「遅い昇進」(30.8%)と続いている。

   一方で、「日本に住むこと」については、「非常に魅力的」が33%、「やや魅力的」が49.7%と、住みたいと感じている人が8割超という結果に。住みやすさは評価されているが、労働環境についてはかなり悪い印象を持たれているようだ(調査は外国人819人:うち日本で働いた経験がある554人、日本企業で働いた経験がある447人、労働経験がない174人を対象に実施。2015年11月30日、結果公表)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中