2015年も下がった実質賃金 その下げ幅は・・・

印刷

   厚生労働省が2016年2月8日に発表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた2015年通年の実質賃金は前年から0.9%減少した。マイナスは4年連続。名目賃金にあたる現金給与総額は0.1%増で2年連続のプラスだった。賃金の上昇が物価上昇のペースに追いついていない様子がうかがえる。

パートタイム労働者の時給、1993年以降で最高水準

物価上昇に追いつかない・・・
物価上昇に追いつかない・・・

   月平均の現金給与総額は前年比0.1%増の31万3856円。内訳をみると、基本給を示す所定内給与は前年比0.3%増の23万9712円、残業代にあたる所定外給与は0.4%増の1万9586円だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は5万4558円と0.8%減ったため、現金給与総額の全体では0.1%増にとどまった。

   その一方、パートタイム労働者の時給は1069円と調査を開始した1993年以降で最高の水準となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中