2018年 9月 19日 (水)

「特区で創業」に「公務員の社員採用を」 政府が促す

印刷

   政府は地域限定で規制を緩和する国家戦略特区で、創業5年以内の企業に対して国家公務員の社員への採用を促すと、日本経済新聞が2016年2月9日付で報じた。現行制度では国家公務員が一度退職して民間企業に就職すると、再び官庁に戻った場合の退職手当が大きく目減りしてしまう。手当が減らないような特例を講じ、企業の人材確保を後押しする。

   特例では公務員として働いた通算の期間を退職手当の算定基準にするため、退職手当の支給額が目減りしにくくなる、という。2月から「グローバル創業・雇用創出特区」の福岡市で実施し、他の特区での活用も検討する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中