2020年 9月 19日 (土)

「孤独な社長」に求められる勇気 悩んだ時、まず行うべきコト

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   このコーナーを担当させていただくようになってから、初対面でお目にかかる経営者の皆さんにからも極力「社長の今一番のお悩み」を聞いてみるようにしています。

   一番多いのは「人」に関すること。「部下が育たない」「後継がいない」「自分の考えを周囲が理解できない」等々。組織運営のお悩みとしては、定番です。特に中小企業で、「人」に関するお悩みを持っていない経営者はいない、と言ってもいいほどではないでしょうか。

本当の「今、一番のお悩み」とは

まずは相談
まずは相談

   次に多いのが、「営業」や「売上」に関すること。「営業チームがうまく機能せず、売上が思うように伸びない」とか、「既存取引が細っているのに、新規開拓がうまくできない」といったもの。営業の基本や営業管理、営業戦略等々をテーマとしたセミナーや講演のご依頼をたくさん頂戴し、それぞれに多数の皆さまにご来場いただいている現状からも、この点でのお悩みの多さもまたうかがい知れるところではあります。

   付き合いの浅い経営者の方々が、「人」や「営業」の問題をお悩みの筆頭にあげてお話しされているのに対して、少し長いお付き合いや深いお付き合いを通じてある程度気心が知れた仲にある社長方からは、決まって別のお悩み話が筆頭に登場するのです。

   それはおカネの話。「資金繰りで相談したいことがある」「手元資金が足りないのだが、どうしたらよいか」「銀行からおカネを借りるべきか否か悩んでいる」等々、私が元銀行員だからということはあるのでしょうが、「ここだけの話ですが...」という前置き付きの真顔で聞かされるのは大抵おカネのお悩み。これこそ、多くの悩める社長が抱える本当の「今、一番のお悩み」なのではないかと思わされることしきりです。

   「社長は孤独」などとよく言われ、自らも「孤独」を気取る社長氏も結構見受けられます。そういう人に限って「社内では相談できない」「社員には知られたくない」お悩み、その多くはおカネに関するお悩み、を抱えているもの。そして、この独りで抱え込まざるを得ないと判断したお悩みを、独りで抱え込んだが故に深刻な事態に陥ってしまうこともあるのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中