2019年 6月 19日 (水)

「産休・育休中」の新制度が話題 「給与100%保障」のインパクト

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   男女共働きで育児することが当たり前になりつつある現代。しかし経済的な理由で、休業中に収入が減ることを考えて出産に踏み切れなかったり、不十分な休業で復帰を余儀なくされたり、また夫も育休を使えたとしても使わずに働いている、という家庭も少なくないようだ。

   そんな中、フリーマーケットアプリで知られるメルカリ(東京・港区)が、産休・育休あわせて約8か月分の「給与を会社が100%保障」(同社サイト)という新人事制度を打ち出し、話題となっている。

育休給付金受ける社員には別の支援も

子育てしやすくなるか
子育てしやすくなるか

   メルカリは「merci box(メルシーボックス)」という新人事制度を導入した(2016年2月1日)。

   目玉は、女性は産前10週+産後約6か月間、男性は産後8週の給与を100%保障するという制度。

   現状では、雇用保険の「育児休業給付金」が育休中の収入となるケースが多い。詳細は別にして概ね、育休開始から6か月までは月給の67%、それ以降は50%が支給されるという制度だが、育休中に給与が8割以上支払われている場合は支給されない。

   メルカリ広報によると、育児休業給付金の支給を受ける社員についてはそれを尊重し、「給与100%保障」とは別の形で支援していく方針とのことだ。

   ほかにも、子供の看護や家族の介護で取得する休暇の有償化、全社員の死亡保険加入などが新制度として掲げられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中