「月給48万円」でも日本人人材が不足 アジア某国でのチャンスを生かすには

印刷

   先日、インドネシア在住10年以上の友人からこんな相談をうけました。

「最近、ジャカルタで日本人人材が不足していて、知り合いの会社も人が採れなくて困っているんだよ。月給4000ドルでも来ないみたいなんだけど、だれかいい人いない?」

   この会社が募集しているのは、自動車の部品の法人営業。

   全くの新人(新卒)は不可能ですが(そもそもビザが降りない)、日本で数年間の営業経験があれば職務はこなせそうです。

日本人の求職者の数はさらに減りそう?

「この街での生活」を自分の目で
「この街での生活」を自分の目で

   月給4000ドルといえば、日本円に直すと48万円(ざっと1ドル120円計算)。年収にすると約575万円。これにボーナスがつくので年間600-700万円はもらえる計算になります。ちなみに、運転手付きの車もついてきます。

   物価が高くなりつつあるとはいえ、東京よりは安いジャカルタでこの給料はなかなか魅力的です。

   この連絡をもらって数週間後に、ジャカルタでISによるテロが起こりました。

   テロが起こった場所は、ジャカルタ市内の中心にほど近いサリナデパートというデパートの近くにあるスターバックス付近。私も何度もいったことがある場所です。

   このテロが起こった後、おそらくさらに多くの人がジャカルタ行きを避けており、日本人の求職者の数はさらに減っていくと思われます。

   ただ、このテロで亡くなった被害者の方は4名(これ以外に犯人4名も死亡)。

   人数としては、東京の交通事故死者数や自殺者数から比べたらごく少数です。

   確率論で考えると、それほどの脅威ではないといえます。

   それ以外にも、海外で働くとなると様々なリスクがあります。

リスクをとれる人材

   日本語が通じない英語での生活。時間や仕事の精度などの日本人とは違った仕事の文化。意外と濃い現地在住日本人コミュニティとのつきあい。

   さらに、インドネシア特有の、イスラム教中心の生活、果てしない渋滞、お酒の馬鹿げた値段などなど。

   ジャカルタの日本人給料が高騰しているのは、ジャカルタの経済発展だけでなく、このようなリスクをとれない日本人がいまだ大多数であることが原因です。

   逆に言うと、このようなリスクをとれる人材になっていると、チャンスが訪れる可能性があるということです。

   人によってどのような要素を重視するかは変わってきます。

   ただ「テロがあるから」「イスラム教だから」という印象論だけで、チャンスを潰してしまうのはもったいないです。

   もし、給料4000ドル!という点で興味を持った方は、一度ジャカルタに訪れてみて、自分の目で、「この街で生活するのは、ありかなしか」を判断してみてください。

   このコラムでは何度も言っていますが、多くの日本人は海外に住みたくないと言っているので、行ける人にはチャンスが広がるのです。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中