ピザ配達をめぐり争奪戦? 「投票1位」に贈られる優れもの
【ウェブサイト拝見】

印刷

   日本で初めてピザのデリバリーを始めたのは、アメリカ発の大手ピザ・チェーン「ドミノ・ピザ」である。以前、「デリバリーに30分以上かかったらピザ代無料」のキャンペーンをやっていて、覚えている人も多いだろう。

   そんなドミノ・ピザのアメリカ本社「Domino's Pizza」が、ピザをより美味しく、効率よく届けたい、と独自に開発したのが、ピザデリバリー専用車「Domino's DXP (Delivery eXPert)」だ。このDXPに関するキャンペーンが、2016年2月22日から始まっている。

デリバリー特別仕様車

ピザデリバリー専用車「Domino's DXP」
ピザデリバリー専用車「Domino's DXP」

   キャンペーンは、「Domino's DXP」に関してある投票を行う、というもの。現在、アメリカ国内の約1万2100店舗(直営店、フランチャイズの合計)の中で、ピザのデリバリーにDXPが使用されている台数はわずか約100台。

   それもそのはず、このDXPは1台2万5000USドル(約280万円)だそうで、フランチャイズ店にとってはかなりの初期投資となる。しかし、そんなことより美味しいピザが食べたいピザファンは、最寄りの店舗にDXPを導入してほしいと熱望しているようだ。

   Domino's Pizzaは投票の結果、選ばれた1店舗にこのDXPを1台贈呈するとして、2月22日から3月15日まで特設サイト上でキャンペーンを実施している。

   投票方法はシンプルだ。特設サイトにアクセスし、郵便番号から自宅もしくはオフィスなどの最寄りの店舗を検索。候補がいくつか出てくるので、希望の店舗を選び右側の「Vote for this store」をクリックするだけ。どこの店舗にDXPが当たったかは、投票時に入力したメールアドレス宛に、キャンペーン終了後に通知がくる仕組みとなっている。

   開発に4年かけたというDomino's Pizzaの本気がつまったDXPの特別仕様は以下の通り。

60度の保温用オーブン

・ビルトインされた60度の保温用オーブンで、ピザをデリバリーまで冷めずにキープ。キャパシティーはピザ約80枚。
・デリバリー専用に考えつくされた車内インテリア。座席はドライバー席のみで、残りのスペースはピザ用オーブンとその他の商品、備品用。
・4シリンダー搭載で低燃費。デリバリー途中の給油による時間のロスを防ぐ。
・ドアを開けるとDomino's Pizzaのロゴライトが夜道の足元を照らし、安全なデリバリーをサポート。

などなど。

   このようにピザデリバリーに適したDXPを使用することで、店舗側は品質の向上や人件費の節約が、顧客側は熱々のピザがすぐに届くといったメリットが期待できるそうだ。

クルマの宣伝を始めた?

   本キャンペーンの特設サイトでは、DXPの6つの特別仕様をじっくりと見ることができる。ホームページを左方向にスクロールしていくと、DXPがあたかもデリバリーに出発するかのように背景が変わっていく。さらにスクロールすると、各仕様がひとつひとつ写真とともに紹介されていくという仕組み。その後、車体を360度回転させて見ることができ、最後には投票ページとなっている。

   Domino's Pizzaは、キャンペーン開始と同時に動画も公開している。これを見た海外メディアの中には「Domino's Is Now Doing Car Advertising(ドミノ・ピザはついにクルマの宣伝もやり始めた)」と報道するところもあり、そのスペックが自動車メーカー顔負け(?)のクオリティだと受け止める人もいたようだ。実際、動画の冒頭20秒間は、ピザデリバリー専用車だとは思えない演出が施されている。

   このキャンペーンには、アメリカ中のピザファンはもちろんのこと、DXPでピザデリバリーを効率的にしたい店舗のスタッフも注目しているようだ。投票は1日につき1人1回となっているので、本気でDXP当選を狙うひとは毎日投票しているかもしれない。(執筆:中井千尋、編集:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中