面接で聞かれる「挫折体験」 「この程度の話」で通用しますか?

印刷

   3月1日から、17年卒の採用活動が「解禁」された。実際は、6月の「面接解禁」を待たずに、内々定を出す企業が目立つ、との報道もある。すでに「エントリーシート(ES)」の作成や、面接対策に追われる学生も多いだろう。

   質問サイト、OKWAVEには、就活生からの、こんなお悩みが寄せられていた。「面接で聞かれる挫折した経験・・・」(2016年2月19日)。確かに、ESや面接で、問われることの多い「挫折体験」。何をどう答えれば、印象アップにつなげられるのか。

「漫画家になる夢を諦めた」

「挫折経験」と言われても・・・
「挫折経験」と言われても・・・

   投稿したのは、「来月(16年3月)から本格的に就職活動が始まります」という大学3年生。

   「面接などでよく聞かれる『挫折した経験』について、どう答えたら良いのか」悩んでいる。

   投稿者は、「小さい時から漫画家になりたくて、中学生の時実際に雑誌に投稿したり、SNSで絵を投稿して見てもらったり」してきた。大学2年あたりまでは、「漫画とかイラスト、アニメを作ること一筋」。アニメを作る塾にも通ったという。

   ところが、「あまりにも将来性が見えず」夢を諦めた。「今まで絵を描くことが生き甲斐でしたが、諦めた時は結構、絶望的というか・・・楽しみが消えました」。これが「私なりの挫折経験」かもしれないというが、それ以来、スポーツなど多くのことにチャレンジし、「世界には、こんなにも楽しいことが、まだまだたくさんあることに気付いた」そうだ。

   苦労して頑張った様子が伺えるが、投稿者は、こうした一連の行動が、「ESや面接で聞かれて話せるような内容なんでしょうか?」と、不安がっている。「人事は、どのようにして問題解決をするのか見たい、とよく見聞きするので、問題解決ってほど凄いことをしていないのにどうなんだろ?」と思い、ネットに助言を求めた。

「挫折体験なんて売りにならないですよ」

   就活生のリアルな悩みには、自身も面接担当者だという人を含む、多数の回答が寄せられた。

   投稿者が「夢を諦めた後、スポーツに取り組んだ」ことについて、「運動経験は、体力があるのでプラス点、運動の趣味が『登山』だと、面接官と共通の趣味で話が弾む可能性もあります」と、具体的な助言も。

   一方、実際の「採用担当者です」という人は、投稿者の「挫折→克服体験」が「漠然としていますね」と、手厳しい。

   「これは多くの質問の中のひとつなので、必ず聞かれるわけではありません」と、前置きしたうえで、「特技・趣味欄に、『マンガを書くこと・セミプロ級』と書いておけば、面接官が突っ込んでくれますよ」と、面接担当者目線ならではでのアドバイスを寄せた。

   「採用する側からすると、普通はこんな(挫折体験がどうのという)質問はしません」との反対意見もある。

   「挫折なんて売り物にもなりません。(自分なら)『私は失敗したことは何度もありますが、挫折を感じたことは1度もありません』と答える人を選びますね」「ようは何事にもポジティブということ」を選びたいという。悟りが開けそうなアドバイスだ。もしかしたら、話す内容よりも、毅然とした、自信あふれる態度の方が大事・・・? だったりして。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中