「キャリアの不安」拭い去る 女性起業家に聞いた印象的なひと言

印刷

   先日、女性起業家さん2人を招いたトークセッションを取材してきました。「女性社長」というと、「20代はバリバリ営業成績を上げ、新規ビジネスへの情熱をもって独立、メディアでも大活躍」のようなイメージをもたれる方もいるかもしれません。私も、なんとなく「バリキャリ系の人が来るのかな」と思っていました。

   ところが、イベントに登壇した2人の社長さんは、いずれも物静かな佇まい。20代を専業主婦や会社員として過ごし、色々と模索しながら、30代以降に「小さくビジネスを始めた」といいます。

10年勤めた会社をやめて

転機は偶発的に・・・
転機は偶発的に・・・

   登壇した1人の社長さん(Mさん)は、11年間、女性向け雑誌の記者をしていました。「この経験が、起業したいという思いのベースになった」といいます。女性のキャリアを取材する中で、「20代のうちはいいけれど、30代、40代と年令を重ねるにつれて、女性は『いきいき働く』ことが難しくなっていく」と実感したそう。結婚したり、出産したり、夫の転勤があったり。自分の思うとおりのキャリアパスを描くことは、簡単ではありません。モヤモヤした思いを抱えながら、「働く女性たちの力になりたい」と、会社員と平行して、キャリアカウンセラーの資格を取ったMさん。その後、独立してフリーランスのライター・キャリアカウンセラーになります。

「会社員を10年以上やっていたので、そこから飛び出すのは大変でした。でも、2011年に東日本大震災があって、人生観が変わったというか・・・どうせなら、自分がやりたいことをやって、後悔しない人生を送りたいと思ったんです」(Mさん)

   確かに、10年以上も同じ会社に勤めていれば、『慣れ』も『馴れ』もあるでしょう。いきなり独立するのは、とても勇気がいると思います。それでもフリーランスの道を選んだのは、震災という経験を経て、『安定した正社員の道』よりも、『安定度は減るけれど、自分が本当にやりたいことをやろう』と思ったから・・・かもしれません。彼女はその後、「自分がやりたいこと」を色んな人に話しているうちに、今の創業メンバーと出会い、思い切って会社を起こしたそうです。

今すべてを決めなくてもいい

   僭越ながら、私も最初は(短期間ながら)正社員だったので、そこを抜け出すときの不安は、なんとなく共感できました。表現しづらいのですが、「リスクを取ったほうが後悔しないだろう」と、思える瞬間があるんですよね・・・。若さゆえの『無防備な勇気』というか。起業や独立、フリーランスになるのに年齢制限はありませんが、ある程度若い方が、臆せず「新しい世界」に飛び込める気がします。

   会場からは、そんなMさんに、女性たちから質問も。「私も会社員ですが、キャリアパスを描くのがとても難しいと感じます。将来について、あれこれ悩んでしまいます」という女性に、Mさんが答えたひとことが印象的でした。

「米国の、有名なキャリアカウンセラーの教授に学んだ言葉で、『キャリアの8割は偶発的なできごとで決まる』というものがあるんです。それを知って、私自身、とても安心しました。今すべてを決めなくてもいい。偶然の出会いをどう活かすかで、キャリアは変わるんですよ」

   なるほど・・・! 我が身を振り返っても、仕事はいつも、「偶発的」な出会いから始まっている気がします。その『流れ』に、『主体的に身を任せる』ことが、キャリア構築には重要なのかもしれません。取材後、「これも偶然の出会いになるといいなぁ」と思いながら、Mさんと名刺交換をしたのでした。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中